7月 workshopのお知らせ

7月は、workshop月間となっております。
夏の暑さを忘れさせるような彩り豊かなワークショップをご用意いたしました。

毎日がお忙しい日常だと想像されますが、プチ避暑地の風庵では、ゆっくりと夏のひと時をお過ごしいただける事と思います。

お友達とお誘いあわせの上、ぜひおいでくださいませ。



●7月16日(火)am10:00~11:30  
   『天然精油でアロマスプラッシュコロン作り』

      ~簡単なテストで、自分が必要とする精油を探す
   会費:2,500円(講習費、材料費、お茶付き)



●7月23日(火)am10:00~12:00 /  pm13:00~15:00  
   パステル和アートワークショップ

   会費:2,500円(講習費、材料費、お茶付き)


●7月24日(水)・26日(金)am10:30~  
   さをり織りワークショップ  

   親子で体験、40分でランチョンマットを目指します!
   会費:40分 1,300円(講習費、材料費、お茶付き)


●7月30日(火)am10:30~12:30
   天然石アクセサリー製作

   おしゃれなディリジェの天然石を選んで、ペンダントに仕上げます。
   会費:3,000円から(材料によっては変動あり 講習費、材料費、お茶付き) 

スポンサーサイト

スリランカ バティック

  • Day:2013.06.26 12:52
  • Cat:常設
batekku.jpg
只今、常設展示してあります、スリランカのバティック

スリランカの伝統工芸のひとつです。一つ一つの色毎にろうけつ染めをしていく手の込んだ技術。
上のバティックは、世界遺産都市キャンディーのヘラぺラ祭りを描いたものです。
仏教の象徴ともいえる「仏歯」を電飾で彩られた象の背中に乗せ、100頭もの象と多くのダンサーが笛や太鼓を鳴らしてながら街を練り歩く祭りは、アジア最大の祭りといわれているそうです。

7月、数年間法福寺で修行されたスリランカ人僧侶達が再びいらっしゃいます。
風庵でスリランカの文化や生活のお話しを伺える機会があるかもしれません。楽しみですね!




スリランカ椰子花蜜と新生姜のマフィン

  • Day:2013.06.25 23:39
  • Cat:茶房
jingermffin0625.jpg


生姜のピリリとした風味、体に無理なく吸収する品のいい甘さの椰子の花蜜。
午後の寛ぎのひと時に。

細く、長く。持続力を養う精進の道

ajisai220130621.jpg
コツコツと続ける努力が本当の強さを築く

仏教の教えの中に、〝精進〟という言葉があります。これは前回お話しした六派羅蜜の一つでもあり、簡単に言えば「たゆまぬ努力を続けること」。ここでもポイントは、継続させることにあります。一時的に爆発させるパワーよりも、毎日コツコツと蓄えた力、またそれを実践した人の方が何よりも強い。常にそうした努力を維持できていると、それが自分のベースとなり、何か大きく状況が変わった際にも冷静に対処でき、正常な状態へ戻ることができます。先の大震災や為替変動に大きく左右されてきた私たちの社会。これからは、そうした厳しい変化の中でもベースとなる暮らしを保つために、一時的でなく持続的な努力が必要だと感じます。

持続力のカギは食にあり
果てしない修行を支える精進料理


精進というと、精進料理を思い浮かべる方も多いかもしれません。修行僧が食すこの料理は、その名の通り、精進を積むための食事です。実はこの料理、生きるものを殺してはならないという不殺生戒を守るための菜食、という側面もあるのですが、修行を続けるためには欠かせないものなのです。肉や魚などの動物性タンパク質は、主に瞬発的な力を生み出すエネルギーとなるものです。パワーを得ると、体内にはアドレナリンが分泌され、心には色々な欲が生じてきます。逆に、精進料理に使われる野菜や豆類、穀類が持つ植物性タンパク質は、ゆっくりと体内に吸収され、持続的に力を与えてくれます。余計な欲を抑えて静かな心を保ち、なおかつ細く長く厳しい修行を続けていく力を得るために、植物性タンパク質を摂取する精進料理が生まれたのです。
-中略-
「食べることは、生きること」と良く言いますが、食は人間の根本だと思います。食生活が崩れると、心も体もすべてが崩れてしまう。もちろん外食の楽しみや動物性たんぱく質を含めた栄養バランスも大切ですが、ちょっと心や体が疲れたなと感じた時には、食生活を見直して野菜を中心にした食事で身体を労わってみるのも、ひとつの方法だと思います。

ーお寺のある暮らしー風だよりvol.118 より   文 法福寺住職 西部元照

雨の法福寺 ギャラリー風庵

  • Day:2013.06.22 00:16
  • Cat:風景
雨の一日
ギャラリー風庵も、静かな一日を終えました。
そんな中、ひと組のお客様が、
「お姉さん(?)、お客さんが団体で入ってきたらどうするの?」
「一人でいらして、強盗が入ったらどうするの?」
と、心配をしてくださる

「大丈夫、お寺から応援がきてくださいますよ」
「大丈夫です。お寺ですから、そんなお人は見えませんよ」

「そうだね。仏様に守られているものねぇ」
と。

何て事の無いほのぼのとした会話で、雨降りの一日に少しだけ灯りが灯りました。ajisai120130621.jpg
お寺では、ある会社の研修と法話の会。
境内では、雨のあじさい撮影を待ち望んでいたカメラマン達。

しっとりと恵の雨の1日となりました。

あじさい祭り

6月9日に執り行いましたミスあじさいを写す会、風流な流しそうめんの様子を少しだけご紹介します。
この日も、大勢のお客様で賑わい梅雨時だと忘れてしまうくらいの熱気でした。

ajisaikonte.jpg

あじさい祭りフォトコンテストに出展される方は、応募用紙にご記入の上お申し込みください。
8月には、ギャラリー風庵にて表彰、入賞写真展も開催いたします。
あじさい祭り期間中(~7月7日まで)に撮影された作品が対象となります。

主催 中日新聞社・法福寺山寺の会・中日写真協会岐阜県支部連合会(主管 岐阜支部)
協賛 富士フィルム・岐阜写真材料商組合




nagasisoumen.jpg

緑陰の法福寺境内にて
風流なひとときを皆様楽しんでいただけたようです。
残念ながら今年お越しいただけなかった方は、また来年のお楽しみにしていてくださいませ。

そして最後になりましたが、前日から準備とお手伝いに駆けつけて下さった皆様、ありがとうございました。




ajisaimarei.jpg

           ちいさなお客様もありがとう!!

あじさい祭りのご案内 

ajisaiw.jpg
法福寺あじさい祭り

6月9日(日)は、あじさいをバックにミス各務原を写す会や流しそうめん等、執り行います。
あじさいは、まだまだ見頃とは言えませんが、美しい華がお寺にお越しいただけるとのこと!
是非、カメラ持参でお越しくださいませ☆


ギャラリー風庵では、瀬戸ガラス会 作品展を開催しています。
裏山のあじさいと、涼やかな作品の共演をお愉しみいただけるのでは…。
setogarasu0608mizutama.jpg
皆様のお越しをお待ちしています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。